あそこが臭い原因は病気なの?本当の理由を調べてニオイを改善しよう

デリケートゾーンから異臭があると、「なにかの病気じゃないか」と心配になりますよね。

この記事では、あそこが臭っている原因と対策をご紹介します。

たとえ病気だったとしても、適切に処置をすれば臭いはなくなります。

まずはデリケートゾーンが臭う原因を見ていきましょう。

あそこが臭くなる原因は病気だけじゃない

あそこが臭くなる原因は、病気以外にもあります。

病気を疑って不安になる前に、その他の原因を知っておきましょう。

あそこが臭くなる原因

洗浄力の強いボディーソープで洗っている

一般的なボディーソープは洗浄力が高く、デリケートゾーンには刺激が強すぎます。

肌表面や膣内のバリア機能が壊れ、雑菌が繁殖しやすくなり臭ってしまいます。

デリケートゾーンには専用のソープがあるので、臭いが気になる人はソープを変えてみるのをオススメします。

スソワキガ

スソワキガは簡単に言うと、あそこのワキガです。

ワキガ体質の人はスソワキガになりやすいので、脇の臭いも気になっている人は病気ではなく、スソワキガが原因で臭っている可能性があります。

スソワキガは、酷くなると手術が必要になります。

スソワキガを改善するグッズもあるので、気になる人はチェックしてみてください。

膣炎・性感染症

オリモノから悪臭がしたり痛みや不正出血がある場合は、膣が炎症しているか性感染症の疑いがあります。

オリモノが臭う主な病気と、症状をまとめてみました。

病名 症状
細菌性膣炎 おりものが増える。黄色いおりもの。異臭がある。
トリコモナス 泡状のおりもの。魚が腐ったような悪臭がある。かゆみがある。
クラミジア 黄緑がかった色のおりもの。不正出血がある。異臭がある。膣に痛みがある。
マイコプラズマ おりものが増える。異臭がある。かゆみがある。

臭い以外にもオリモノの色や状態に異変があったり、痛みや不正出血があるのなら早めに医療機関を受診しましょう。

性病と聞くと怖いイメージがあると思いますが、抗生物質や膣錠などで完治できることがほとんどです。

性感染症と診断されても、落ち込まず前向きに治療しましょう。

あそこの臭いやかゆみはカンジダ膣炎が原因?市販薬や石鹸で対策できるって本当?

デリケートゾーンが臭ってかゆみがある場合は、カンジダ膣炎が原因かもしれません。

カンジダ膣炎はクラミジアなどの性感染症と違って、性行為によって感染する病気ではありません。

不規則な生活やストレス、抗生物質の服用などが原因で発症するので、性行為の経験がない人でもカンジダ膣炎になってしまいます。

カンジダは女性の約5人に1人が経験するという、とても発症しやすい病気です。

もしカンジダ膣炎を発症してしまっても、病院で適切に処置してもらい、サプリや専用石鹸を併用することで臭いを改善できます。

カンジダ膣炎になると、あそこが臭くなり痒くなることがある

カンジダ膣炎とは、カンジダ菌が異常に繁殖し膣が炎症した状態のことです。

カンジダ菌自体は、もともと膣の中にいる常連菌で普段は悪さをしません。

しかし、疲れなどで膣の細菌のバランスが崩れると、カンジダ菌が過剰に増えてしまい、おりものが臭くなったり、デリケートゾーンの表面が痒くなったりしてしまいます。

カンジダ膣炎は市販のサプリやデリケートゾーン用石鹸で対策できる

カンジダ膣炎にならないためには、ストレスを溜めずに生活習慣を見直し、風邪を引かないようにすることが大切ですが、分かっていても全て気をつけるのは難しいですよね。

カンジダ膣炎にならないために、良い方法はないか調べてみました。

乳酸菌やラクトフェリンなどのサプリをとる

乳酸菌やラクトフェリンは、善玉菌の免疫力を高めるのでカンジダの予防に効果があります。

ドラッグストアでも市販されていますし、楽天などの通販サイトでも購入できます。

腸内環境が整い、体の調子が良くなるのでオススメです。

デリケートゾーン用の石鹸を使って膣内の細菌のバランスを保つ

デリケートゾーンを普通のボディーソープで洗うと、膣の中の細菌のバランスが崩れてしまい、カンジダ菌が増える原因になってしまいます。

洗浄力が強すぎず、膣内の細菌バランスを壊さないデリケートゾーン用の洗浄料を使いましょう。

デリケートゾーン用の石鹸はドン・キホーテやマツキヨなどの薬局にもありますし、ネットショップにも沢山の種類があります。

自分にあったデリケートゾーン用のソープを使って、臭いの原因になるカンジダ膣炎を予防、改善しましょう。

あそこの臭いの原因と対策まとめ

あそこが臭くなるのは、病気だけが原因ではないことが分かりました。

女性のデリケートゾーンは、外部からの刺激にとても弱いです。

洗浄力の強すぎるボディーソープをあそこに使うのは避け、疲れやストレスをなるべく溜めないように心がけましょう。

内側から免疫力を高めるのも、あそこの臭いを予防する手段の一つです。

あそこから嫌な臭いがすると、気分も落ち込んでしまいますよね。

まずは臭いの原因を作らない。

もし臭うようになっても、適切な処置をすることで臭いは治ります。

この記事を読んで、あなたの心の重荷を少しでも下ろすことができていれば幸いです。

SNSでもご購読できます。